傳教大師と宝満山

この宝満山は、傳教大師が延暦二十三年(八〇四)に入唐求法(中国に渡り仏の道を学ぶ)途中、航海の安全を祈願し、船待の為、一年三ヶ月近く留まって教化された時の霊蹟として知られるゆかりの地でございます。当庵に建立されています傳教大師像は、昭和六十二年十一月十五日、比叡山開創千二百年を記念致しまして建立されたもので、高さ五メートル八十センチの青銅立像で、遥か中国の天台山の方向に向かって求道に燃え幾多の法門を学びとろうと夢を拡げ胸をふくらませておられる若き青年僧、最澄 三十七才の御姿でございます。

この像の右には山田惠諦天台座主猊下、左には中国仏教協会会長 趙樸初先生の御染筆の碑も同時に建立されております。

お知らせ

  • ホームページ開設のお知らせ

    ホームページを開設いたします。 制作中の箇所もありますが、少しずつ充実させてまいります。 どうぞよろしくお願いいたします。

宝満山の風(ブログ)

  • 無題

    AM:6:35 現在の宝満山は 全体の姿を見せている 15分前までは山頂付近をのこして 雲に覆われていたのに、、、刻々と変化する自然 ここは変化する世界 あるのはいつだって現在(今)だけ 過去は過ぎ去ったから もうない  …

  • 無題

    午前6:30   いま 宝満山の頂上から 太陽が姿を 表そうとしている。 遠くから見ている人には もう太陽が見えてるはずだ。 観る人によって 見るところによって 見え方はさまざまだ。 今日も一日 良い日でありますように

  • 天と地の間

    この世は 神様からいただいた 仮の世 いつまで とどまって居られましょうか 一切の 転倒夢想から 遠く離れて 目覚めなさい 命を尊い 生きなさい この世の生を なし終えるまで 時はめぐる 水車のように だから、また逢える …

  • 無題

    午前10時:40分 現在の、内山の里は晴れ 宝満山も悠々たる姿を見せている。 里の田は、田植えも終わり 水を張り その水面はときどき ながれいく雲を映し出している。 ほほを打つ そよ風は、ひんやりと気持ちがよい。